プログラマやSEを目指すなら資格をとってアピールしよう!

集まれ!未経験プログラマ

ゼロからはじめるプログラミング!目指せ、プログラマ!

新着記事

特集記事

未経験からシステムエンジニアになるなら取得したい資格

未経験からシステムエンジニアになるなら取得したい資格 システムエンジニアになるために必須となる資格や勤務経験などはありません。しかし、未経験者がシステムエンジニアとして転職しようとする場合は、自分の実力を客観的に証明することができる資格を持っていたほうが有利であることは言うまでもありません。せっかく良い転職先を見つけてもライバルに奪われないように、資格取得を検討してみましょう。

取得しやすい資格

あまりにもコンピュータに疎いという人は、システムエンジニアになろうとは考えないでしょうが、興味があったり、独学でプログラムなどを勉強している人はIT業界の入門資格ともいえる「ITパスポート試験」を取得することをおすすめします。コンピュータシステムの初歩知識を問う資格であり、100時間程度の勉強で合格が狙えます。時間の無い人でも挑戦できると思います。まずは、この資格から挑戦し、自分の適正をチェックしてみてもよいでしょう。
既に、プログラムが書ける人や知識に自信がある人、更なるステップアップを目指す人は、「基本情報技術者試験」に挑戦してみましょう。IT業界では、ITパスポート試験を持っていてもそれほど強みにはならないものですが、基本情報技術者試験を持っていれば自分のスキルを十分アピールすることができます。中には資格手当てを支給してくれる会社もあるようです。また、取得していない人は、入社後に取得させられる会社もあるほど、システムエンジニアとして働く基礎となる知識を取得できる資格です。

内定を勝ち取る資格

前述の2つの資格は、あくまでも未経験者が取得しやすい、入門レベルの資格です。確実に内定を獲得するためには、更に上級の資格を目指すべきです。一般的に、基本情報技術者試験の次に狙うべき資格は、「応用情報技術者試験」です。基本情報技術者試験よりも範囲が広く、より専門的な知識が問われます。実際にシステムエンジニアとして働いている人でもそれほど所有率が高くない高度な資格ですので、大きなアピール効果がありますし、企業側も即戦力として高く評価してくれるでしょう。給与条件や待遇の交渉にも有利に働くでしょう。IT業界では、より専門的な資格所有者を優遇する傾向にあります。未経験者が働いたことのない業界の細かい専門を理解するのは難しいかもしれませんが、事前によく調べてみることが大切です。

資格がすべてではない

最近では全体的にコミュニケーションスキルが他業界よりも低いことが問題視されています。システムエンジニアは、クライアントやプログラマとの調整も重要な役割ですので、面接ではわかりやすくスムーズな受け答えができるようにしておき、コミュニケーションスキルに長けていることをアピールしましょう。

よく見られているサブテーマ

ABOUT ME

プログラマ歴8年。プログラミングは仕事であり、趣味でもあります。

集まれ!未経験プログラマ

Copyright © 2015 集まれ!未経験プログラマ All Rights Reserved.