プログラマと何が違う?システムエンジニアの仕事内容とは

集まれ!未経験プログラマ

ゼロからはじめるプログラミング!目指せ、プログラマ!

新着記事

特集記事

システムエンジニアの仕事とは

システムエンジニアの仕事とは システムエンジニアの仕事内容は、未経験者だけでなく、業界で働く人でも正しく説明できる人はそう多くはありません。特に、プログラマとシステムエンジニアを混同している人も多く、会社によっても業務内容が異なっていることもあり、違いを説明するのは簡単ではありません。ここでは、一般的なシステムエンジニアの定義について解説します。

プログラマとの違い

システムエンジニアは、主にコンピュータシステムの設計・開発・テストを行います。受託開発をする場合は、クライアントから要求仕様のヒアリングから予算、工程管理、その後のメンテナンスまでこなすこともあります。求人情報などでも目にする「上流工程」を担うのがシステムエンジニアです。
一方、プログラマは、システムエンジニアが設計した仕様の通りに指定されたプログラミング言語を使ってプログラムを書くのがメイン業務です。この二つが混同される原因としては、会社の規模によっては両方の仕事をこなすことがよくあるからです。その場合、会社によって、プログラマと呼ばれたりシステムエンジニアと呼ばれたりするため、誤解を生んでいるのです。

具体的なシステムエンジニアの仕事内容

システム開発のスタートは「そのシステムで何を実現するのか」ということをまとめることから始まります。すなわち、ゴールを定めるとも言えます。受託開発を行う場合は、クライアントからどのようなシステムが欲しいのか、そのシステムを開発して実現したいことは何か、といったことをヒアリングします。これを、「要求分析」といいます。必要な内容をヒアリングした後は、それを元に「要件定義書」を作成します。この「要件定義書」が開発を依頼する側と受託する側との共通のゴールとなります。
次に、要件定義書からシステムの基本設計を行います。基本設計とは、システムの概要や実現する機能や制限事項などを決め、仕様書という資料を作成していく作業です。家を建てるときの建築図面と同じようなものです。大工さんは、図面を見ながら各作業を進めて家を建てていきます。システム開発では、プログラマが仕様書を見ながらプログラミングを進めていくのです。設計に不備があれば正確なプログラムを作成したとしてもシステム全体で不具合が発生します。そのため、システムエンジニアが担当する「基本設計」が重要な仕事となるのです。

システムエンジニアに向いている人とは

システムエンジニアは、技術的なスキルの他にも重要な素質があります。前述のとおり、システムエンジニアは、クライアントや開発チームのメンバーと打合せを行うことが多いため、円滑に議論を進めたり、意見をまとめるコミュニケーション能力が必要になります。ときには、納期や金額の交渉を行うこともあるため、ただITに明るく、技術的に優れているだけでは優秀なシステムエンジニアにはなれないのです。

よく見られているサブテーマ

ABOUT ME

プログラマ歴8年。プログラミングは仕事であり、趣味でもあります。

集まれ!未経験プログラマ

Copyright © 2015 集まれ!未経験プログラマ All Rights Reserved.