プログラマのお仕事「プログラミング」について解説します。

集まれ!未経験プログラマ

ゼロからはじめるプログラミング!目指せ、プログラマ!

新着記事

特集記事

プログラミングの概要

プログラミングの概要 誰もがパソコンで作業をし、業務効率を高めている現代ですが、そもそもプログラムがどのようなものなのか、ということについては知らない人がほとんどです。コンピュータは、ものすごい速度で計算や処理を可能にする機械ですが、プログラムがなければ単なる物体でしかありません。コンピュータが仕事をするためのプログラムをつくるのがプログラマの仕事です。

分析・設計・実装・評価

プログラムとは、コンピュータに何をさせたいのかをはっきりさせる「分析」、どんな作業をどんな順番でコンピュータに行わせるのかを組み合わせる「設計」、設計通りにコンピュータを動かすためにコンピュータに通用するプログラミング言語で命令を記述する「実装」、そして最初に戻って分析内容通りにコンピュータが動くことを確認する「評価」という4段階に分けて理解することが可能です。ここでコンピュータが何のプログラムも実装していなければ、「タダの箱」というのは誰にでも理解できるでしょう。そしてコンピュータというのは、ある程度単純な作業を、人よりも余程根気強く不眠不休でさせたい時に、どんな作業をするのかをコンピュータが理解出来るように、最初にコンピュータに教える必要があるということも分かるでしょう。つまりこのコンピュータに適切に教える作業が、プログラムというわけです。コンピュータに教えるということは、まずは教えなければならない内容をそれとはっきり認識していなければならず、またそれを教えるべく手順を整えて、その手順に沿って実際にコンピュータが自動的に作業できるように覚え込ませ、コンピュータが自動的に行った作業が間違いなく当初の目的通りであることを確認しなければならないのです。プログラムとは、言葉も感情表現も通じ合わない昆虫や魚に芸を仕込むようなものと言えるかもしれません。

プログラムに不可欠なプログラミング言語

コンピュータは、日本人でもアメリカ人でもフランス人でもありません。宇宙人とは言いませんが、コンピュータにはコンピュータ特有の言語があり、その言語をプログラミングをする者、すなわちプログラマが使えなければ、コンピュータには通じません。そして世界中に散らばる人間にも、インド・ヨーロッパ語族やウラル・アルタイ語族など、その言語系統が数種類あるとされていますが、同じようにコンピュータの世界でも、現在数種類のプログラミング言語が使われています。それぞれに長所短所があり、使われる場面も色々ですが、例えばオブジェクト指向でプログラミング初心者が学習すべきと推奨されるプログラミング言語としては、Javaが挙げられます。コンピュータにプログラミングを実装するプログラマは、人の言葉とコンピュータの言葉を操るバイリンガルと言えるでしょう。

よく見られているサブテーマ

ABOUT ME

プログラマ歴8年。プログラミングは仕事であり、趣味でもあります。

集まれ!未経験プログラマ

Copyright © 2015 集まれ!未経験プログラマ All Rights Reserved.