未経験でも大丈夫?プログラマには向いていない人とは?

集まれ!未経験プログラマ

ゼロからはじめるプログラミング!目指せ、プログラマ!

新着記事

特集記事

プログラマに向いていない人の特徴

プログラマに向いていない人の特徴 どんな人にも、どんな仕事にも、向き不向き、得て不得手というものがあります。憧れて飛び込んだ世界でも、その仕事に必要な適性に欠けていれば志半ばにして挫折してしまうこともあるでしょう。「好きこそものの上手なれ」とはよく言われることですが、いかにプログラミングが好きでも、職業としては選ばない方が良い人の特徴があります。

好奇心や自主性が足りない

プログラマという仕事をする上で、好奇心と自主性は必要不可欠な資質です。プログラマは、プログラミングスキルを通じて「クライアントの要求にこたえるものを開発すること」が仕事です。自分からは新しいことを思いつかず、ヒントがあっても試してみようともしないとすれば、プログラマとしてクライアントの漠然とした要求を形にしてみせる術を見つけるのは至難の業でしょう。
また、プログラミングという作業は、誰もが同じコードを書くという性質のものではありません。コンピュータに出す命令書をどのように書くかはプログラマひとりひとり異なります。どんな道を辿っても良いので、早く、安全に、軽装で頂上に辿り着くことが出来るルートを探すのがプログラマの腕です。そのためには試行錯誤が不可欠ですし、独創性も大切です。寝ても覚めてもプログラミングについてあれこれと考え続けられるだけの熱意が必要なのです。次々に新しい技術がうまれ、進化し続けるコンピュータ技術の世界では、どんなベテランプログラマも常に勉強し、試行錯誤を重ねています。自主的に学び、吸収し、成長する力が大切です。

こらえ性が無い

簡単なプログラミングであればいざ知らず、クライアントが求めるシステムを開発しようと思えば、数か月もぶっ通しで作業をし続けなければならないようなプロジェクトも少なくありません。そしてそれは、気が遠くなるような数のコーディングの積み重ねに他ならないのです。その一つ一つに責任を持って神経を集中していなければ、ただでさえ人の作業にはバグが付き物であるというのに、バグが潜む可能性は増えるばかりなのです。そのため適宜テストを組み込みながら効率的に全体を俯瞰して仕上げて行かなければ、決して終わることのない開発作業を、時間切れになって放り出すまで延々と続ける羽目になるのですが、それではそもそもプロの仕事ではありません。つまりプログラミングには論理的な思考が必要なのであり、また長時間作業をし続けるタフな忍耐力も不可欠です。

楽に大金が手に入ると誤解している

プログラマに憧れる理由が、単純に求人情報の給与水準が高いとか、ゲームプログラマのサクセスストーリーに触発されたということなのであれば、それは幻想に過ぎません。情報産業は確かに、近年目覚ましい発展を遂げた若い業界であり、情報化の高度化・専門化によって増々発展すると容易に予測されるところです。しかしそもそも実力の伴わない給与を支払うほどの余裕のある企業など、何処を探しても稀有でしょう。プログラマは現在転職市場も賑わう人手不足の状況とはいえ、クライアントや雇用主はシビアに実力を判断します。

よく見られているサブテーマ

ABOUT ME

プログラマ歴8年。プログラミングは仕事であり、趣味でもあります。

集まれ!未経験プログラマ

Copyright © 2015 集まれ!未経験プログラマ All Rights Reserved.