未経験からプログラマへ転職するには志望動機を明確に!

集まれ!未経験プログラマ

ゼロからはじめるプログラミング!目指せ、プログラマ!

新着記事

特集記事

異業種からプログラマに転職するために必要なこと

異業種からプログラマに転職するために必要なこと 最近の日本では終身雇用制度は崩れ、リストラに怯えながら会社勤めをするというマイナス面が語られることが少なくありませんが、その反面、意欲のある人であれば転職しやすくなっているというプラスの面もあるのです。

異業種からプログラマに挑戦

どの企業も業務内容を見直して、コンピュータ化出来る部分は徹底的にコンピュータ化することで、ビジネスシーンに乗り遅れないようにと必死になっています。そのため一通りのシステム導入が終わった感はあるものの、ここからはより高度に、よりカスタマイズされたシステム開発に向かうことが予測されています。そのため現場のプログラマの人材不足は解消されないままであり、コンピュータに興味があって、プログラマとしての人生に賭けてみたいと考えるのであれば、チャンスと言えます。というのも開発現場でプログラマに求められるスキルや知識は様々なレベルに渡っており、未経験者が基礎を習得しただけであっても、後は現場で経験を積みながら責任を果たすということが不可能ではないからです。もちろんそのためには、それなりの覚悟とやる気を見せる必要があります。例えば自分で実際に、簡単でも良いのでプログラムを何らかの業務改善のために作成した経験があり、それを動かしてみて社内で評価されたといったエピソードでもあれば、これを志望動機として披露しない手はありません。採用側も未経験者を選ぶとなれば、どれだけ困難であっても一生懸命に続けて行けるのか、という点を重視します。そこでプログラミングを行う喜びを知っている人というのは、大変に魅力的なのです。つまり志望動機は重要であり、掛け声やスローガンだけではアピール不足です。

異業種だからこそアピール

システム開発は、そのクライアント企業の業務と無関係に出来るものではありません。もちろんある程度汎用性のあるシステムを開発することもあるでしょうが、多くはクライアントの要望を的確に捉えた、個々にカスタマイズされたものになります。ということは業界出身者であれば、その業界のユーザーの立場に立ったシステム開発が出来るということであり、近い業種でプログラマとして活躍するには大きな強みになるでしょう。また営業経験があるなど、人とのコミュニケーション能力を仕事の中で磨いてきたということであれば、それも強みになります。というのもシステム開発の現場では、複数のプログラマがチームを組むことが少なくないのであり、その現場でいかに円滑なコミュニケーションを実現するのかという点が、プロジェクトの成否を分けることもあるのです。プログラマとしての経験を積めば、クライアントとの直接のやり取りを含む上流工程を担当することになるかもしれず、まさに営業の腕が光るというわけです。

フリーエンジニアの採用情報を参考に

プログラマとしてデビューし、スキルを重ねて経験を積めば、フリーエンジニアとして独立することも可能になります。フリーエンジニアの求人案件は、「実務経験○年以上」という応募条件があるものが殆どなので、未経験から応募することはできませんが、具体的な業務内容や求人市場など、プログラマという職業の価値が見えてくると思います。どうぞ参考にしてください。

https://freelance.levtech.jp/project/pos-3/

https://freelance.levtech.jp/project/pos-3/

よく見られているサブテーマ

ABOUT ME

プログラマ歴8年。プログラミングは仕事であり、趣味でもあります。

集まれ!未経験プログラマ

Copyright © 2015 集まれ!未経験プログラマ All Rights Reserved.