プログラマには未経験者でもなれるのか!?

集まれ!未経験プログラマ

ゼロからはじめるプログラミング!目指せ、プログラマ!

新着記事

特集記事

未経験でもプログラマになれるのか

未経験でもプログラマになれるのか 高度情報化社会となりつつある今、プログラマの需要は減るどころか人材不足の状態が続いており、それは今後も続きそうです。というのもこれまでのようなシステムからよりクライアントの要望も高度化あるいは個別化しており、それに現場で対応するプログラマに対する期待は膨らむばかりなのです。

未経験者からプログラマに

総合的に人材不足であり、労働人口の流動性も比較的高いといわれるIT分野ですが、未経験からプログラマに挑戦して、見事に自らのキャリアを切り開いている人もいます。もちろん他の産業よりも余程流行廃れの激しいこの業界において、現場の求めに応えられるだけのスキルと知識を身に付けるのは並大抵のことではありません。しかし一方のクライアントや雇用主にしても、すべてに高度なレベルを求めているというわけではなく、未経験から基礎を学んで現場に出るのであっても、本人のやる気次第で立派に責任を果たすことが出来る場合もあるのです。そのため人材派遣会社などでは、未経験者には研修などで基礎の習得を義務付けて、それからレベルに合った現場に派遣するというシステムを採用している会社もあります。また第二新卒の未経験者をプログラマとして採用し、自社で独自に教育するという企業もあります。

プログラマに必要なこと

特にゲームクリエイターなどで、一夜にして収入と名誉を手にするといったサクセスストーリーを聞けば、ちょっとコンピュータに興味のある人にとっては魅力的に映るかもしれません。まずは自分で簡単でも良いので、実際にプログラミングをしてみることです。そしてプログラミング言語としては、初心者の学習に必須とされているJavaを習得すると良いでしょう。もちろんプログラミング言語は複数あって、開発するプログラムに応じて様々に使い分けられています。自分がどのような分野でどのような開発を希望するのか、という点をある程度明確にしておくことも必要ですが、プログラミング言語は相互に基礎的部分が似通っており、1つしっかりと学んでおけば、別の言語を習得するのも困難ではないのです。もっとも学習するのには時間も労力も掛かりますし、どんどん新しく世に出る技術や知識について行くためには、夢中になれるだけの熱意が不可欠です。プログラマが現場に出れば、多くの場合に連日深夜にまで及ぶ残業や休日出勤が待っています。チームで開発することが多いため、未経験といえど甘えることは許されず、チーム内の足を引っ張るわけにも行きません。そして現場では円滑なスケジュール進行のためにも、高いコミュニケーション能力が求められます。そのような点を勘案すれば、むしろ他の職種であっても社会人経験のある人は、高く評価される場合もあるでしょう。

よく見られているサブテーマ

ABOUT ME

プログラマ歴8年。プログラミングは仕事であり、趣味でもあります。

集まれ!未経験プログラマ

Copyright © 2015 集まれ!未経験プログラマ All Rights Reserved.