プログラマはストレスが多い!自分の居場所を確保

集まれ!未経験プログラマ

ゼロからはじめるプログラミング!目指せ、プログラマ!

新着記事

特集記事

ストレスを溜め込まない!自分が安心できる場所を作ろう

ストレスを溜め込まない!自分が安心できる場所を作ろう 現代ほどストレスの多い時代は無いといわれていますが、日本ではバブル景気の崩壊後の長引く不況から、精神科や心療内科に通院している人が増えているようです。もちろんストレスに対する耐性や環境など、それぞれの人によって状況は異なりますが、仕事上ストレスが掛かりやすいプログラマも、気をつけなければなりません。

プログラマという職業特性

もちろんプログラマという職業を選んだ理由は人それぞれでしょう。そしていずれもプログラマという職業を誇りに思い、仕事にやりがいを感じていることでしょう。しかし如何せん、急速に普及した情報産業の屋台骨を支えるという使命があるため、自ずと労働環境は過酷になりがちです。プログラマとしてプロの仕事をする責任感から、あるいは人手不足の現実から、現場では深夜に及ぶ残業や休日出勤も当然といった雰囲気に耐えつつ、日々開発に取り組んでいるのが実情です。そしてプロジェクトはチームで行うことが多いとはいえ、チーム内のコミュニケーションが常に良好とは限りません。いつも同じメンバーと仕事をするというわけでもなく、就業形態によっては、あちらの現場、こちらの現場と飛び回ることも少なくないのです。またプログラマの仕事は、コンピュータに適切な命令を与えて適切に動作させるということであり、寡黙にして孤独な作業を強いられる場面が多くを占めます。そのためついついパソコンの画面を睨みながら、終日誰とも口を利かないということもあるでしょう。これが会社勤めであればまだしも、フリーランスであれば猶のこと、自分で気をつけなければ、知らず知らずにストレスを溜め込んでしまうことにもなりかねません。

自分が安心できる場所を確保する

そこで、もちろんプログラマに限ったことではありませんが、精神医学の領域では、安全地帯を作ることがストレスに強くなるために有効であるといわれています。ここで安全地帯とは、ストレスから離れて安心して休息できる環境というほどの意味ですが、必ずしも物理的な場所を意味するものでもありません。多くの人はストレスを解消しようと、ついついお酒の力を借りようとします。しかし楽しいお酒で楽しく友達と飲んで騒いで、明日も元気に頑張ろう、というのであれば良いのですが、多くは愚痴や繰言や後悔のオンパレードで、悪酔いしてしまうものです。そのような形では、ストレスは翌日にもそのまま持ち越してしまい、心身ともに磨り減るばかりです。テレビ番組やショッピングなども、刺激的ではあるのですが、多くは後に罪悪感や空しさなどを誘発してしまいかねず、あまり効果的とはいえません。一方家族や友人といった安心して居られる相手と時間を過ごしたり、好きな本を読んだり音楽を聴いたり、ゆっくりとお茶やコーヒーを飲むというのは、とても効果的なのです。

人からの批判を切り捨てる前に、アドバイスとして取り入れてみる@life hacker
http://www.lifehacker.jp/

よく見られているサブテーマ

ABOUT ME

プログラマ歴8年。プログラミングは仕事であり、趣味でもあります。

集まれ!未経験プログラマ

Copyright © 2015 集まれ!未経験プログラマ All Rights Reserved.