要注意!プログラマになったらここに気をつけろ!

集まれ!未経験プログラマ

ゼロからはじめるプログラミング!目指せ、プログラマ!

新着記事

特集記事

プログラマになったらここに注意しよう

プログラマになったらここに注意しよう

「子供が成長するためにはストレスは必要であるが、それに押しつぶされないように配慮する必要もある。」
これは、精神科医であるSandra.L.Bloom氏の言葉です。ストレスは何かを成し遂げたり成長するために必要ではありますが、常に安全地帯を確保しなければ危険だという事です。未経験からプログラマを目指すにあたっては、この言葉を胆に銘じておくと良いでしょう。仕事をする上においても、不安に対処するためにすべてのエネルギーを使ってしまうと、肝心の価値を生み出すことが出来なくなります。定期的に休息をし、体を休め、リラックスする時間をつくることが何よりも生産性の向上には有効であると言われています。

プログラマになったらここに注意しようの記事一覧

ストレスを溜め込まない!自分が安心できる場所を作ろう

ストレスを溜め込まない!自分が安心できる場所を作ろう

開発現場で常に、人材不足や困難な問題の解決やスケジュールというプレッシャーに晒され続けているプログラマは、特にストレスが大きい職場環境で働いているといえるでしょう。そのためストレスに押し潰されないような工夫が必要です。ただでさえ日がな一日一人でパソコンの前に座り、黙々と作業をして過ごしがちなのですが、ストレス解消にお酒やテレビやショッピングといった刺激を求めても、あまり効果的ではありません。むしろ親しい友人や家族と共に過ごす時間を大切にしたり、好きな本や音楽に触れる時間を取ったり、コーヒーブレイクを意識的に取り入れるなど自分にとって安心できる場所を見つけることが大切です。

有害な信念は捨てて、より良いプログラマライフを

有害な信念は捨てて、より良いプログラマライフを

ストレスは、自分自信で生み出すことがあります。ネガティブな発言を繰り返していると自然と重い気分になってストレスを助長することにもなります。プログラマは、ストレスの多い仕事と言われますが、自分をコントロールすることでストレスを軽減し、イキイキとプログラミングができるようになります。何個かネガティブトークを紹介しますので、このような発言を日頃しないように気をつけましょう。なお、プログラマ以外の仕事にも当てはまることばかりですから、すぐに実行してみましょう。

収入だけじゃない!幸福感を増やすには?

収入だけじゃない!幸福感を増やすには?

人は、幸福感が高いと感じることによりストレスが軽減され、日々の原動力にもなります。人間の幸福感を研究する学問としてポジティブ心理学がありますが、この研究結果から通勤時間も幸福度に深く関係していることがわかっています。一軒家を建てることを目標にしている人も多いかと思いますが、この学問では、借家暮らしでも勤務地から近いところに住み、通勤時間を減らすことが幸福度が高くなるといわれています。また、収入が直接幸福度に関係することがないこともわかっているそうです。どこに幸福感を感じるかは人それぞれですが、自分なりの優先順位を持って行動することが仕事と人生の充実につながるようです。

よく見られているサブテーマ

ABOUT ME

プログラマ歴8年。プログラミングは仕事であり、趣味でもあります。

集まれ!未経験プログラマ

Copyright © 2015 集まれ!未経験プログラマ All Rights Reserved.