未経験からプログラマを目指す人へ、プログラマ情報を紹介します

集まれ!未経験プログラマ

ゼロからはじめるプログラミング!目指せ、プログラマ!

新着記事

特集記事

集まれ!未経験プログラマ

未経験者でもプログラマになれますか?と質問されることが時々ありますが、ベテランプログラマもスーパーハッカーも、皆最初は未経験者です!もちろんプログラミングの学習は覚えることも多く簡単ではありませんが、ものづくりが好きな人や創造が好きな人なら、プログラミングの奥深い面白さにどんどん引き込まれてしまうことでしょう。成長を続けるIT業界は将来性もあるので、プログラミングは身につけておいて損のないスキルです。

プログラマとは?

プログラミング言語を使ってコンピュータへの指令を記述するのが、プログラマの仕事です。プログラマにはそれぞれ専門分野があり、ネットコンテンツやWeb上のデータベースを作るWeb系、コンピュータ・ゲームを作るゲーム系、電化製品を制御するプログラムを書く組み込み系、パソコンで使うソフトを作るパッケージソフト系などがあります。どの分野でも共通して要求される能力は、創造的・論理的な思考力と自主的な行動力。さらに長時間の座り仕事や納期間近の追い込みに耐えうるタフさが必要です。プログラミング言語を使いこなせるだけではプログラマにはなれないと言えるでしょう。

未経験からプログラマを目指そう!

技術力や実績で勝負ができない未経験者の場合、志望動機が重視されます。未経験者の採用基準は「のびしろ」と「可能性」です。企業にとって未経験者を採用する場合、採用後の研修育成期間中は労働力以上の対価を給料として支払わなければならず、せっかく採用しても簡単に挫折されてしまえば大変な損失です。即戦力となる実務経験者をとるよりも未経験者を採用するほうがリスクが高いことは確かです。応募する側も、求人情報からなぜその企業が未経験者を募集しているのかを読み取る姿勢が大切です。その企業が求める人物像もみえてきます。

プログラマになったらここに注意しよう

これからプログラマを目指す未経験の方にぜひ知っておいてもらいたいことは、プログラマという仕事はストレスの多い職業だということです。プログラマとして成長するほど仕事に追われることになるかもしれません。ストレスの多い多忙な日々を乗り切るために、ストレスとの付き合い方、意識の持ちようなど、より良いプログラマライフを送るためのセルフコントロール術を身につけることが大切です。ここでは特にプログラマが陥りやすい落とし穴と、それを回避する方法などを紹介します。

システムエンジニアとは?

システムエンジニアの仕事は自分の作ったプログラムを身近なところでユーザーとして観る機会があったり、社会に大きく貢献する仕事として、とてもやりがいのある職種です。やる気や、ITへの興味が強いなど向いている方も多いと思いますが、少しのミスが大きな過失に繋がったりと、個人の専門的な知識や技術力が求められる難しい仕事でもあります。システムを作る際にはプログラミング言語を用いるため、Java、C言語、C++など多くのの言語を学ぶ必要があります。またシステムエンジニアになるために有利な資格がいくつかありますが、未経験者にはどれも難易度は高めなので、取得にはかなりの努力が必要になります。

よく見られているサブテーマ

ABOUT ME

プログラマ歴8年。プログラミングは仕事であり、趣味でもあります。

集まれ!未経験プログラマ

Copyright © 2015 集まれ!未経験プログラマ All Rights Reserved.